-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
IHヒーターが壊れて・・・③
2012 / 03 / 18 ( Sun )
IHヒーターが壊れ、自分で取り外したところまでを前回書きましたが、
どうするべきか、頭の痛い問題でした。

とりあえず、毎日の食事、弁当の支度は嫁さんがカセットガス式の卓上コンロで、
がんばってくれており、「あせって適当に選ばずに、納得の行く選択をしたい!」
とのことでした。

前回故障の修理から、わずか一ヶ月で症状の再発がおきたのですが、
前回書いたように、防水(浸水)対策が不十分な事によるのは明白であり、
そう考えると、必然的に買い替えへと目が向きます。

で、価格.comなどでいろいろと情報を収集する中で、
高級機種を中心にガラストップのガラス面内にタッチスイッチがあるモデルを発見!
「これならスイッチ部への浸水の心配は無いんじゃない?!」
ということで、その機能に絞って調べると、
東芝でBHP-M632B
この機種が値段が安いのにガラストップ内のタッチパネル式のスイッチ!!!

その他に安い機種としては
パナソニックのKZ-D32AS

といったところでしょうか・・・
こちらは、現在の使用機種と同様、ガラストップの手前部分に金属フレームで囲まれ
ビニールで表面を覆われたタッチスイッチの使用となってます。

しかし、他社でもこの方式がメインで高級感をだしたいフラッグシップモデルのみが
ガラストップのタッチスイッチという感じですね。

で、通販で安いのはわかったものの、保障が心配という事で、地元にある家電量販店に偵察。

正直に現在の状況を店員さんに伝え、現在故障してる機種のメーカーの評判を聞くと、
まあ当然のことながら「特にそういった事は聞きませんね・・・」と。

20数台の展示機種の1/3ほどがそのメーカーのものですし・・・(^^;;;

ちなみに、その量販店では残りはパナ、三菱がそれぞれ1/3
その他のメーカーは東芝がチョロッと置いてある程度でした。

まあ、一般的に出回るようになって日が浅い商品なので、
長期使用の評判はまだまだ上がってこないとのことではありましたが・・・

で、色々と嫁さんが中心に話を聞いていたのですが、

・ガラストップのタッチパネルの短所としてふきこぼれた際、パネル部分に熱湯がかかっていると、
 とっさにスイッチを切る事ができない。

・ガラストップの周りを金属フレームが覆っているタイプに関しては、そこでふきこぼれを止めるため、
 廻りに伝っていったりしない。

・安い機種と高い機種の違いとしては、センサーや制御部分の違いが中心

・普通の家電とは違い、1万円の追加で10年保証をつける事ができる

とのこと。


なるほど!
ガラストップのタッチスイッチに思わぬ盲点・・・
(まあ、メインスイッチを切ればすむ話ではありますが・・・(^^;;; )

一気に嫁さんの関心は薄れて、逆に広く使われてる金属フレームで囲まれたビニールをかぶったスイッチに!

この機種選定が私にとっては一番楽しい時期で、カタログ見比べたり、
ネットで検索したりして、自分的には値段と機能を見比べて
KZ-J75HS

がベストかなと思っておりましたが、
あえなく、ガラスタッチスイッチのため嫁さんに却下されました・・・・

そんなこんなで、色々な選択肢も見えてきたところで改めて夫婦で考えてみる事に・・・

他社新品がわずか2回分程度の修理費で購入できる一方、
値段もさることながら、これだけの電化製品をスイッチ廻りの故障だけで廃棄するというのは、
「エコ」とはとても言えないな・・・との結論に達しました。

「せっかくあるものだから、直して使おう!」ということで、
結局、選んだ選択肢としては修理の申し込み!

前回も、嫁さんが相当いやな思いをしているだけにどうなる事やら・・・

また余裕ができたら続きを書きます・・・m(__)m


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
IHヒーターが壊れて・・・②
2012 / 03 / 01 ( Thu )
IHヒーターの取り外しです。

一般的にIHヒーターは前方のパネルの上部と、
天面の奥側の排煙口の2ヶ所に固定用の金具を締め付けるネジがあり、
それらを緩めた後に製品の形を考慮して外すだけとの事です。

その肝心のネジ・・・ありません。

「違うところにあるのかな???」と思いつつも、
魚焼グリルと排煙口に手をかけてエイッと持ち上げると、
あっけなく動きました。

ただ「載ってるだけ」の状態でした・・・(^^;;;

取り外して色々と見てみると、
まず、構造としてはIHヒーターの目に見える部分として、
ガラスでできたトッププレートがあり、
その下にトッププレートより面積的には一回り小さな本体が
ぶら下がってるという感じです。

ガス台ほどの大きさの本体の上にトッププレートを付けて、
システムキッチンのガス台の大きさの穴に落とし込み、
トッププレートがシステムキッチンの天板に引っかかって支えていると言う感じです。

で、はずしての第一声・・・
「きたね~・・・」
です。

トッププレートとキッチンの天板の間に相当な汚れがたまってました・・・

トッププレートの端部は金属のカバーがが巻いてあり、ガラスの端部保護がしてあります。
この折り返した部分がキッチンの天板に直接触れるのですが、
ホントに気持ち程度のパッキン(?)と思しき黒いテープが張ってあります。
厚みはホントにペラペラで弾力性も無く、幅もわずか1mm程度・・・

しかも、直線部は張ってあるけど、コーナーは張ってない・・・

汚れは見事にその黒いテープの内側に集中してました。

防水テープのつもりで周囲に張ったものの、一部の張ってないところからの浸水か、
それともテープ自体の能力不足で浸水したかして、
中に留まった汚れを含んだ水により、この汚れが形成されたかと。

最悪な事に、そのテープの張ってないコーナー部分から本体に水が伝ったようで、
本体のカバーのメッキ鋼板もその部分が白くサビが浮き出ており、
たどっていくと、本体の下面にもところどころサビが・・・

吹きこぼれもさることながら、キッチンと言うシュチュエーションを考えれば、
洗った皿やなべの水切りをキッチンの天板に並べておいて行い、
そこから垂れた水がIHに達するというのも、当たり前にあると思うのですが、
これらに対して、この機種は全く無防備だったと言わざるを得ません。

まあ、その当時の世間一般の考え方がそうだったのか、
そのメーカーに限られた設計思想だったのかはわかりませんが・・・

そんな訳で、素人考えでも本体内部にまで浸水しており、
スイッチ部の修理だけではすまない可能性が頭をよぎります。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
IHヒーターが壊れて・・・①
2012 / 02 / 29 ( Wed )
先週の出来事ですが、IHヒーターが壊れました。

6年前の新築時に、クリナップでシステムキッチンを頼み、
そのクリナップのIHヒーターのラインナップの中から、
そこそこ良い 3G-EHES という機種を選びました。

故障の症状としては、メインスイッチで電源は入るのですが、
トッププレートにある個別のヒーターのスイッチが反応しなくなり、
調理が出来なくなるという状態です。
スイッチか、その先の基盤の故障かと思われます。

原因としては調理時のふきこぼれによる浸水でしょうが、
個人的な思いとしては・・・

そもそも、調理にはふきこぼれはつき物とまでは言いませんが、
当然予見できる現象で、キッチンまわりで使う家電にとっては、
それなりの対策がしてあって当然だと思います。

半年ほど前にも一度壊れた事があり、
その際も修理をお願いしたのですが、
嫁さんに全て対応を頼んでおりました。

当然の流れとしてクリナップから、製造した家電メーカーへ連絡が行き、
そちらの修理担当さんが出張修理と言う運びになります。

で、訪れた修理担当の方は、
壊れたスイッチの基盤のみ交換し、
「吹きこぼすのが悪い!」「調理中はコンロから離れるな!」
等々使用者の非を責めるだけ責めて帰っていったとの事・・・

帰宅して見てみましたが外見上は全く変化無く、
スイッチに対しての防水を補強する等の根本的な処置は
何一つしていただけませんでした。

修理代2万円弱・・・

金額と非を責められた事のダブルパンチで、
嫁さんは相当へこんでました。

「まあ、高いけどこれで高額なIHヒーターが復活するなら・・・」と前向きにとらえ、
嫁さんも吹きこぼさないよう、今までになく気を使って調理をしていたのですが・・・



わずか1ヶ月で症状再発・・・

幸いスイッチ部分をドライヤーで乾かしたりすると復活したので、
ダマシダマシつかっておりましたが、
5ヶ月ほどたった先週、もう何ともならなくなりました。

前回の修理時の対応のことを思うと、嫁さんが可哀想だし、
高額の修理代を払ってもごく短期間での故障という事で、
このIHヒーターに見切りを付けて、新しい物を購入の方向で調査開始!

まずは下調べとして、
価格.comで評判のよさそうな機種を探そうとのぞくと、
型遅れなのかわずか4万円ちょっとからあるでは無いですか!!!
これなら修理2回分で買えちゃう!

その他にも色々な掲示板やブログなどで、
吹きこぼしに起因する口コミなどを探すものの、
想像していた程の件数も無く・・・

我家の機種に関するものは1件も見つけられず、
その他にも数えるほどしかありませんでした。

単にはずれを引いたのか、はたまた、我家の使用状況が悪いのか・・・

また、取替え作業に関しては、若干の力仕事にはなるものの、
自分で十分対応できるレベルと判断。

とりあえず、故障したIHヒーターをはずしてみる事に!




太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。