-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
一年点検 & ヤマガタヤ最上さんちのソーラー
2013 / 04 / 20 ( Sat )
本日、諸々の事情で伸びてた一年点検を行っていただきました!

結果は何も異常無し!

取り立ててブログでご報告するネタも無いのですが・・・(^^;;;

雑談のなかで、
ヤマガタヤさんの最上さんちのソーラーフロンティアの話になりまして・・・
以前書きましたように自宅を新築されてその屋根にソーラーフロンティアを載せられたとの事

妻と2人でビックリしてしまいましたが、
我家よりちょっと少ない4.8kwのパネルで、
先月の売電額がなんと!

28,000円!!!

いやー、いきなり抜かれちゃいました。

場所は 尾張北部(?)と言う事で、我家よりは雲が少ないイメージがありますが、
最初から凄い発電量だったですね!

また、パネルの施工に関しても、いつもは信頼できる下請けさんに工事をお任せしてるところを、
社内の技術的理解度を上げるためにと、最上さんが人柱になり(笑)
あえて社員のみで施工をされたとのエピソードも伺いました。

よろしければ、ヤマガタヤ最上さんに問い合わせてみてください!



太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
LAN親機入れ替えによるフロンティアモニターの再設定 その4
2012 / 10 / 13 ( Sat )
3機が同じセグメントにある環境で作業しないとダメという事で、
今問題になってるのは、「フロンティアモニター」端末のIPアドレスがわから無いと言う事ですので、
まずは、「フロンティアモニター」が作動する環境と考えると、
旧ルーターに戻すしかありません・・・

そこで、PCも「フロンティアモニター」端末も再び旧ルーターにつなげなおします。

これで、「192.168.0.xxx」 の「0」の部分はPCのIPアドレスを調べれば一発でわかりました!

残るは「xxx」の部分です。

解説のHPなどを見てると100だったり10だったり、それぞれバラバラに書いてあり・・・
仕方なく、そのあたりから1づつずらして入力して、
設定ユーティリティーが立ち上がるかチャレンジ!

しかし、なかなか当たりません・・・・

で、色々とインターネットで調べてると

こんな記事を発見!

こんなのがあるなら、もっと早く使えば良かった・・・と思いながらも、
ようやくIPアドレスがわかり、
設定ユーティリティーを立上げに成功!!!
(※このソフトでも、同じセグメントの機器しかIPアドレスの解析はできません)


結果的には、「フロンティアモニター」端末に新ルーターのセグメントを使った、
新たに固定アドレスを設定して万が一入力などに手違いがあったら、
今度はどこからも設定ユーティリティーを開けない・・・と思い、
「IPの自動取得」のラジオボタンを選択して設定完了!

PC、「フロンティアモニター」端末を新ルーターにつなぎなおし、
再び先ほどのソフトでIPアドレスを解析し設定ユーティリティーにアクセスすると、
無事にユーティリティーも立ち上がり、
「センター接続:正常」
の表示で一安心。

無事、再設定が完了しました!


結論としては、
①旧ルーターに接続している間に「フロンティアモニター」端末のIPアドレスを調べて
 「設定ユーティリティー」で設定の変更。
 
②その後新ルーターに接続

という手順でOKかと思います。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
LAN親機入れ替えによるフロンティアモニターの再設定 その3
2012 / 10 / 13 ( Sat )
結局、取説を何度も読み返しましたが、
「フロンティアモニター」端末のIPアドレスの調べ方はどこにも書いてありません。

ただ、
④ 「フロンティアモニター」端末の設定ユーティリティーを起動する。
で設定ユーティリティーの呼び出し方は、
IEなどのWebブラウザーのアドレスバーに
「http://端末のIPアドレス/maintain.cgi」を入力するとの事。

ふと、頭をよぎったのは、
「もし、このIPアドレスにあてずっぽに数字を入れてそのとおりなら、
 設定ユーティリティーが立ち上がり、全て解決?」と・・・

「その2」で書いたようにおそらく・・・
「「192.168.0.xxx」 
の「0」と xxx があっていればOKなので、意外といけるかも・・・」
とおもい、色々と試してみました。

でも、そんな簡単には行きませんでした・・・

さらによく取説を読むと、9.困ったときにの最後に

9.3 設定ユーティリティーが表示されない
  端末、設定用パソコン、ルーターのネットワーク設定をご確認ください。
  3機のIPアドレス/サブネットマスクが同一のセグメントである必要があります。

と。

思いっきり無駄な事をやっていた模様・・・(^^;;;

と言う事で、必要な環境として、3機が同じセグメント上にある環境で作業しないと、
何も始まらないということのようです。



太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
LAN親機入れ替えによるフロンティアモニターの再設定 その2
2012 / 10 / 13 ( Sat )
いよいよ、ルーターの入れ替えとなり、
自分のPCを新ルーターに接続。

一通り、ルーターの取説に従い設定完了!
無事、インターネットに繋がったのを確認。

次に、「フロンティアモニター」端末の有線LANケーブルを
旧から新ルーターに接続変更。

「IPアドレスの自動取得」を期待してフロンティアモニターHPに行くと・・・

やはり、通信してる形跡無し。
(発電量の計算に支障が出ないよう、夜に行いましたので、
 消費電力量などの変化で確認しました。)

と言う事で、あえなく取説どおりの一連の作業が必要に・・・

まず、
① 「フロンティアモニター」端末のIPアドレスを調べる。

と言う事ですが・・・
どこでしらべるのでしょうか?

とりあえず、受け取った書類をもう一度点検しましたが、
IPアドレスの初期設定的な記載はどこにも無く、
端末のカバーもはずしてみましたが、どこにも書いてありません・・・

そもそも、業者さんが旧ルーターへ接続の設定を行っているので、
仮に初期設定がわかっても、その際に変更されてる可能性が大きいですし・・・

という事は、一度初期化的な事をしなければいけないのか・・・(怖いな・・・(^^;;;)


PCの場合なら、「ネットワーク接続」の「ローカルエリア接続」のプロパティで
確認および、再設定可能ですが、
今回の場合、インターネットに繋がってないと言う事は、
新ルーターが「フロンティアモニター」端末を認識して無いと言う事(?)だと思いますので、
「フロンティアモニター」端末にLAN経由でアクセスしてどうのと言うのは、
果たしてできるのかどうか?私の知識ではまったくわかりません・・・

とりあえず、IPアドレスについてですが、
例えば 「192.168.0.xxx / 255.255.255.0」というIPアドレスだとしたら、
 「192.168.0.xxx」 という部分が主に関係してくるようです。
これのxxxの前までが同じだと、同じLANのグループ(セグメントと言うらしい?)と言う事になり、
そのグループ内でのそれぞれの住所(名前?)代わりにxxxに個別の数字が入ります。

で、大体「192.168.」まではどの解説・説明を見ても同じですのでその後の「0」の部分が
グループを決める数字、その後のxxxが割振られた数字となりますので、
少なくとも「0」にあたる数字が今現在、何が設定されてるかわかれば、
何とかなる気もしますが・・・



太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
LAN親機入れ替えによるフロンティアモニターの再設定
2012 / 10 / 13 ( Sat )
ソーラーフロンティアのインターネット経由で発電量を管理する、
「フロンティアモニターホームサーバー(以下フロンティアモニター)」を使用してますが、
この度、LANの親機(ルーター?今回の場合はホームゲートウェイ)を入れ替えする事になり、
再設定が必要となりました。

LANなどについて、あまり詳しくないために
色々と、悩みましたので、他の方の参考になればと書いておきます。


状況としては、「フロンティアモニター」が有線にて無線LAN親機に接続されており、
この設定は取り付け業者さんのほうで行っていただきました。

手元にある資料としては
「フロンティアモニターホームサーバー 取扱説明書(お客様向け)」
という23ページのものが一冊です。

今回、先に書いたように無線LAN親機を入れ替える事になりましたので、
「フロンティアモニター」と「無線LAN親機」の間の設定を変えないと、
「無線LAN親機」が「フロンティアモニター」を認識できなくなり、
結果としてインターネットに繋がらず、
データをソーラーフロンティアのデータセンターに送れないと言う事になります。

まず、取扱説明書を一通り読むと、
作業の流れとしては、

① 「フロンティアモニター」端末のIPアドレスを調べる。
② 設定用PCのIPアドレスを①の端末のIPアドレスと同じセグメント(グループ?)に変更する。
③ ルーター(LAN親機)経由で「フロンティアモニター」端末と設定用PCを接続する。
④ 「フロンティアモニター」端末の設定ユーティリティーを起動する。
⑤ 設定ユーティリティーで端末のIPアドレスをLAN親機と同じセグメントのものに変更する。

と言う事で、無事に「フロンティアモニター」端末が
ソーラーフロンティアのデータセンターとインターネットで繋がる事になります。

念のために、ソーラーフロンティアのお問い合わせ窓口にメールにて質問したところ、
担当部署の方より

「もし現在の有線接続の設定のIPアドレスが
 「IPアドレスを自動取得する(DHCP)」を選択しているようであれば、
取扱説明書(お客様向け)P.14のように固定IPアドレスにせずとも、
交換したルーターのLANポートにLANケーブルを差し替えて頂くだけで接続可能です。
※自動取得機能よりLANケーブルを差し替えるだけで自動的にIPが割り振られます。

固定IPでしたらルーターごとに「192.168.**.1(~255)」のIPアドレスが変わ
りますので、
取説内の一連の作業が必要になると思います。」


というお返事を頂きました。

一番楽チンなパターンとしては、
「自動取得」に設定されてる事ですが、
結果は・・・・?!


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。