-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その21
2011 / 11 / 24 ( Thu )
16日目/10月19日(水)つづき・・・


インターネットでソーラーフロンティアと京セラの比較をしようと
色々と試みるも、今ひとつ・・・


そこで、カタログや頂いた資料をひたすらチェック。

その中で「実発電量」と言うのがキーワードとして浮上。インターネットで調べると、
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/lifestyle/6986/6.html
こちらの記事を発見。
DIMEという雑誌の記事みたいです。

実発電量でソーラーフロンティアが1kwあたり年間1,256kwh
京セラが1,116kwh

ですので、両方のプランに落とし込むと

ソーラーフロンティア
5.13kw × 1,256kwh/kw = 6,443kwh

京セラ
5.95kw × 1,116kwh/kw = 6,640kwh

と年間の発電量でその差 197kwh


ちなみに全部売電に回ったとしても、
197kwh × 42円/kwh = 8,274円

と意外と思っていたよりも差が無かったです。


であれば・・・
気持ち的に
ソーラーフロンティアのほうが良いです!


あとはソーラーフロンティアの提案を頂いたC社さんに値段でがんばってもらい、
ソーラーフロンティアと京セラを比べた際のセールスポイントを説明していただいて、
背中を押していただいたほうがいいかなと。


深夜なので、取りあえずC社の営業さんに思いの丈をメール。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その20
2011 / 11 / 15 ( Tue )
16日目/10月19日(水)

一夜空けても、やはり物としてソーラーフロンティアが気に入ってたものの、
投資として考えたら京セラのプランの方が容量が多い上に値段も下ということで、
スッキリはしてませんが、京セラかなと。


仕事から帰宅すると、完全に乗り遅れた業者さんからTELがあり
「連絡が遅くなって申し訳ありません・・・。今からでも見積もりさせていただけ無いでしょうか?」
とのこと。
一連のOSBの件をお話して、その結果もう、ほぼ2社に絞っていることをお伝えし、
やんわりとお断りしたのですが、「どうしても・・・」と言う事でお話させていただくと、
ソーラーフロンティアは取り扱ってないが、京セラなら見積もれますとの事。

一応、FC店さんの内容をお伝えするも、折り返し電話があり
「175wのパネルは市場に存在しないのですが・・・」とのこと。

FC店のみの取扱いだと説明を受けている事をお伝え。

やはり、FC店さんにはFC店としての強みがあるのですね!


そして、その後再度嫁さんと協議・・・

嫁さん的にはやはり、「京セラ」が納得いかないとのこと。

理由を聞くとママ友さんから京セラは良くないと聞いたとの事。
詳しい理由は聞かなったそうですので、
「恐らく、単結晶と多結晶の違いで多結晶の方が発電能力が落ちると言うことだと思う」と説明。

確かに、京セラというブランド名は有名だけれど、
パネルにせよ、システムにせよ、心引かれるものが無いのも事実。
少なくともソーラーフロンティアのようにワクワクする感じが無い。


そういう自分の中のモヤモヤもしっかり解消して選びたいので、
とりあえずインターネットで情報収集・・・

ソーラーフロンティアを設置した人のブログで毎月の発電量が1年分掲載してあったので、
同じく京セラを設置した人のブログを探して比較・・・

・・・けど、そもそも条件が違うので意味があるのか無いのかわからない・・・(^^;;;

容量1kwあたりに直して比較したりするけど、今ひとつ・・・
いえるのは、冬場なんかはやはりソーラーフロンティアが強いみたい。



太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その19
2011 / 11 / 10 ( Thu )
10月18日 つづき。

帰宅後、嫁さんに訪ねると京セラFC店の営業さんは、
私のほうでして行ったのと同じ説明をしていってくれた模様・・・

さすが研修を重ねてるだけあるなと・・・(^^;;;

やはり、嫁さんの方はソーラーフロンティアにノリノリだっただけに、
説明を受けても、あまり心動かされなかった様子・・・

嫁さんには更に大きく値引きすることを約束したそうですが、
それと同時に、あまりにもソーラーフロンティアにこだわるのを見て、
「あいだに1社入りますが、当社からでもソーラーフロンティアの見積もりは取れます。」
「次回作ってもって来ます・・・」
といって帰ったとの事。


とはいえ、投資と考えるなら、
少ない価格でより大きなリターンを得ると考えると、
価格が現時点ではほぼ一緒ですので
5.95kwの京セラのほうが、5.13kwのソーラーフロンティアよりも
発電量も多く、当然売電も多くなってくるはずです・・・

値段に関しては、ソーラーフロンティアを提案してくださった地元の建材屋のC社さんでは、
「正直、かなりがんばった値段です・・・・」と見積もりから値引きの余地は、
あまり無い感触でした・・・


現時点では
・容量が大きい
・値段がさらに安くなる
・枚数が少ない事からパネル重量は軽くなる?

といった部分が京セラに有利なわけです。


単純に考えて、約5kwのソーラーフロンティアが10%多く発電したとして5.5kw・・・
約6kwの京セラには及ばないと思い込んでました。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その18
2011 / 11 / 09 ( Wed )
15日目/10月18日(火)

約束の時間に、京セラFCの営業さん職場に来訪。

まずは、ひととおり京セラさんの概要説明。
特に新しい情報は無いものの、京セラさんの実績が十分にわかるものでした。

そして、OSBで施工可能の確認。
内部資料の「ツーバイフォー材垂木への設置について」という資料を見せていただく。
内容としてはツーバイフォー垂木への施工も可とするという事で、
我家のツーバイシックスであれば、それより大きいので大丈夫との事。

また、地元自治体の補助金に関しては、予算が無くなったと聞いていたので、
その旨を各業者さんにお伝えしそこで止まっておりましたが、
この営業さんは
「問い合わせたところ、補正予算の準備をしているので、個別に相談に来てくださいとのこと。」と。
これまた、やるね~!と言う感じです。


次に見積もり内容、
まず提示されたのは192wのエコノルーツで作成したプラン・・・

ん?高い・・・

昨日の電話での値段からは大きな開きが・・・


すると、
「実は、カタログには載って無いけれど、
 FC店のみが取扱いできるパネルというものがありまして・・・」

とリーフレットを取り出して紹介されたのが175wパネル。

在庫処分などではなく、現在も生産してるモデルで、
主に、集合住宅などの設置面積はあるけれど、
コストを下げたい & 国の補助金である10kw以内 に押えたい
というお客さん向けの商品との事。

確かにリーフレットは 11年9月のものだし、納得の行く説明でした。

それで作成した見積もりを見せていただくと!

175wが34枚で 5.95kw なのに
ソーラーフロンティア(5.13kw)にかなり近い金額!!!

その場では、頭の中ではソーラーフロンティアを5kwと思い込んでた
(というか、端数をあまり気にしていなかった)ため、
いくらCISが1割多く発電したとしても、
5.5kwにしかならないから、京セラの約6kwとは大きく差が有るな・・・と。

細かいところでは、
ソーラーフロンティアではモニターからパソコンへのデータ送信が出来ず、
別途5万円ほどの機器でインターネット経由となるのですが、
京セラはモニターからUSB接続可能!

また、このFC店さん取扱いのローンだと、金利が2.4%と今まで調べた中ではダントツの安さ!


正直なところ、ソーラーフロンティアの唯一の欠点、提示プランから出力を増やすことが出来ない・・・
と言う点からしても、そこを補う感じですし、さらに値段が安すぎる!!!

「今日、白紙の契約書もお持ちしておりますので、今日ハンコを頂けるならという金額も、
 上司より貰って来ておりますので・・・・」と。

いや、一回目の提示でさすがにそれは無い! と断りましたが・・・(^^;;;

お話の中であとは価格かな・・・という話になると、
当家の45度勾配の屋根に対して足場が必要となるのですが、
「見積もりの段階では太陽光設置業者による金額ですが、
 当社のリフォーム部門の足場屋に見積もり頼んでますので!」
とTELにて確認してもらうと、一気にソーラーフロンティアの金額より安くなりました!!!

「値段的には、まだまだがんばります!」との事でした。


とはいえ、一度はソーラーフロンティアに決め掛けていたので、
最新のソーラーパネルから、一気に昔の設計(?)のパネルに引き戻されたがっくり感は
結構大きく、おそらく、嫁さんのほうがこういう場合は納得しないかなと・・・

なので、営業さんに夕方に嫁さんを捕まえてもらい、同じ説明をしていただくよう頼んでお開き。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その17
2011 / 11 / 08 ( Tue )
14日目/10月17日(月)

朝からとんでもない電話が・・・

一番最初に下見に来たくせに音信普通だった京セラFC店さん、
金曜日に電話が掛かってきて嫁が対応したそうなのですが、
野地板がOSBという件で各社さんに調べていただいてると伝えると、
「まさにそこで私どもも悩んでおり見積もりが遅くなってます」というような返答だったそうです。
で、各社さんにお伝えしてある「大きなパワコン1台で対応可能な最大枚数を載せたい」と言う方針も
一応伝えたとの事。

携帯に電話が掛かって来たのですが、
「奥様から小さなパワコン1台で積載可能な最大枚数と伺ってますので、見積もり作成いたしましたが・・・」
との事・・・

もう???です。

念のため「他社さんから京セラもOSBは施工不可との返答を頂いてますが、
OKの確証を得られたんですか?」と聞くと・・・

「OSBってなんですか?」

もう、絶句です・・・

一応、いちから説明・・・

この営業さんは何の連絡も無く来たので、
図面等のコピーが用意出来ておらず、
嫁が渡した図面の製本を自分でコンビニへ走りコピーしたのですが、
「野地板の種類がわからず、困っていました・・・」
「垂木の種類ってわかりますか?」

などなど・・・

かなばかり図(矢巨 計り図)に全部書いてあるのに、
屋根形状のわかる立面図しかコピーして行かなかったみたいです。

で、「垂木は2×6材です」
「大きさは?」
「いえ、2×6材という規格品ですので調べてもらえばわかります。
 2インチかける6インチというのが呼び方のもとなので、近い数字だと思いますよ!
 けれど2インチよりも小さかったはずですから、調べてみてください!」
という感じ・・・



「わかりました!OSBの件調べてみます!」と電話を切る。


2時間後、
「京セラの名古屋支店技術部○△××へ直接電話して確認とりましたが、
OSBであっても垂木の種類によってはOKとのことで、あらいぐま さんのケースであれば
念のため個別検討書をだしていただければ施工可能との返事をもらいました。」
とのこと。

この営業さん意外とやるね・・・

とはいえ、
「でも、もうソーラーフロンティアで決めかかってるし・・・
 サニックスさんより安いですよ・・・」
と伝えると
「自信のある見積りつくってありますので、お話だけでも・・・」

と言われても、最初のころならともかく、ここまで話がまとまってからでは、
今更検討の対象にもならない見積もりなら時間の無駄だし・・・

「ちなみに、おいくらの見積もりですか?」
「いえ、それはお会いしたときにお見せしようと思っていたんですが・・・」
と渋るもその事を伝えると「わかりました・・・」と。

で、聞いた値段 !!! 安い !!!

結構、びっくりです。

早速、明日の午前中にお約束。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その16
2011 / 11 / 07 ( Mon )
12日目/10月15日(土)つづき ・・・その③

午前に C社さんより ソーラーフロンティア
午後に F社さんより サニックス

と二つの案を提案されて、日中仕事だった嫁さんに帰宅後説明。

予想通り、嫁さんソーラーフロンティアにノリノリ !!!

夫婦揃って新しいものや、変わったものに弱いんです・・・

結婚準備で新居の家電を選んでるときも、
出始めの32インチのプラズマ薄型テレビを買おうかどうしようか、
真剣に考えてましたから・・・・

当時は厚みがまだ7cmぐらいあり、
画面本体とは別にビデオデッキ半分ぐらいの大きさのユニットが必要という
ホントの出始め・・・

値段が50万円・・・

しかも嫁さんの方がノリノリでした・・・

2週間ほど悩んだ末、まだ新ジャンルの製品で買うのは早いと言う事で
従来のブラウン管のフラッグシップモデルに決めましたが
夫婦揃っていのしし年なので、猪突猛進、止まりません・・・(^^;;;


ということで、ソーラーフロンティアが最有力候補となり、
一応、ソーラーフロンティアとサニックスでちゃんと比較しておこうと
インターネットで色々と評判を調べるもあまり参考になるものも無く・・・

取りあえず、ソーラーフロンティアのプランと、サニックスのプランを表にして比較。

容量
ソ 5.13kw
サ 6.07kw

予想年間発電量
ソ 5432kwh
サ 6860kwh

国補助金
ソ 246,240円
サ 291,360円

見積り額
ソ 200万円台前半
サ 200万円台後半

これらをそれぞれ割ったりして、
果たして何で比較すれば良いのかしばらく思案・・・

すると、何やってもサニックスの方が有利なんです・・・

なんで?

・・・

良く見ると、

年間予想発電量に大きな違いが!

ソーラーフロンティアが容量1kwあたり 1059kwh に対して
サニックスは同 1130kwh・・・

メーカー毎に試算の方法が違うのか、はたまた、どちらかの条件設定が間違ってるのか、
これでは話になりません・・・・

仮にソーラーフロンティアのカタログ記載のCISは結晶シリコンより8%ほど出力が増えると
言う事でいくと、サニックスの試算をベースにすれば1220kwhとなります。
それに容量である5.13kwを掛けると
年間発電量は 6258kwhにもなり

年間発電量1kwhあたりのコストで20円ほどソーラーフロンティアの方が安くなります。

ためしに他社がメールで送ってくださったプランなどを見ても、
容量1kwhあたりの年間予想発電量はサニックスと同じぐらいとなってます。

原因の一つとしては、
居住地の近くの天候データが大垣を採用してる場合と、関ヶ原を採用している場合があるようで
各メーカーのHPで出来る簡易見積もりでもどちらの地点を選ぶかで、
大きく値が変わります。

このあたりも、もしこれから見積もられる場合はどちらかに統一して指定したほうが良いと思います。

ま、そんなこんなで何が正しい数字かははっきりしませんが、
ソーラーフロンティアのカタログを信じると、
同計算してもサニックスに有利な点は無くなってきます。



13日目/10月16日(日)


特に動きは無かったものの、嫁さんと再度方向性の確認の話し合い。

ソーラーフロンティアにほぼ決まり。

値段さえもう少し下げてもらえばOKという感じ。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その15
2011 / 11 / 07 ( Mon )
12日目/10月15日(土)つづき ・・・その②

午前中、地元の建材屋さんC社の営業さんよりソーラーフロンティアを提案いただいて、
あまりにも素晴らしいパネルと出会いわくわくどきどきの中、
午後からは、電気施工会社のF社さんが下見がてら訪問される予定です。

約束の時間に、メールで何度もやり取りをさせていただいた50代の物静かな担当(恐らく設計?)の方と、
もうひとり、40手前?と言う感じの方が同行。
名刺を頂くと社長さんでした・・・

早速、我家の野地板がOSBである件に関して、
メールで返答頂いた事についての説明。

どこの会社もOSBは不可との事。

加えて、サニックスはOKをもらっている件と、サニックスについての説明

・最初に来た岐阜支社ではなく、愛知のほうで取り付け工事の下請けをしてるので、
 そちらのルートから部材を仕入れ、F社による施工、販売となる為保証やアフターメンテ的なものは
 すべてF社規程になる事。

・施工会社なので、パネル性能よりも設置部材などに目が行くが、国内他社と比べても、
 遜色ない部材を使っており、強度的には国内メーカーより上かもしれない。

・パワーコンディショナー等はOEMでオムロンを使っており、国内メーカーも大半が
 このオムロンのOEMの為全く問題ない。

・今回のOSBのような技術支援的な面も、他社はオンラインの見積もりシステムにより、
 野地板OSBと入力した次点で見積もり不可能となり、それ以上は何も対応してもらえないが、
 サニックスの場合はそういった場合には技術部に直接話を出来るシステムなので、
 何か問題があってもフォローが手厚い

・今回提案のヒュンダイ製のパネルも取り付けをしている限りでは、国内メーカーと見劣りしないし、
 国内メーカーであってもかなりのメーカーが中国や台湾で作ってる。


といったところです。

その他に裏話として

・最高出力パネルの某S社は、施工に関しては完全施工店任せで、問題があっても
 「そちらで何とかしてください。」「その際責任もそちらで取ってください。」という体制とのこと。


他にも施工店ならではのお話を色々とお聞きしましたが、
話されるのは社長さんのみ・・・

担当さんはひたすら相槌を打つだけ・・・(^^;;;

相当、ワンマンな会社なのが良くわかります・・・

いやみな意味ではないのですが、
自信たっぷりに話されるし、それだけの施工実績の裏づけがあるのがわかりますので、
雨漏りだったり、強度であったり施工に関して心配な方にはこの上なく心強い会社だと思います!

お話を進める中で、午前中のC社さんのソーラーフロンティアの方が製品として現在惹かれている事と、
値段的にも6.07kwとはいえ、200万円台後半とかなり高額になってくるので
当初予算より上がってることもあり一度考えてみたい件、
ヒュンダイのパネルについて、サニックスさんの存続も含め、将来の保証が心配な件、
などをお伝えしたところ、
減額案を考えて再度見積もりを出しますとの事で終了。




太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その14
2011 / 11 / 02 ( Wed )
12日目/10月15日(土)つづき ・・・

地元の建材屋さんC社の営業さんよりソーラーフロンティアを提案いただいて、
全くノーマークだったので、まずは製品について一通り説明を受けるも、いい事だらけ!!!

従来の結晶シリコンとは全く違う方式の薄膜系の「CIS」という新しい方式の太陽電池でした。

では、マイナスポイントは?

知名度の問題は置いといて・・・・(^^;;;


パネル一枚あたりの出力が、結晶シリコンに比べて少ない為、同じ容量を載せようと思うと、
屋根面積が通常より必要になることです。

今回の御提案では、
屋根勾配45度と急勾配であるため、段葺タイプを選択肢なければならず、
バリバリの新製品95wパネルでプランを考えていただきましたが、
めいいっぱいのせると54枚可能で、
95w × 54枚 = 5.13kw というのが我家の最大プランとなりました。

ちなみに、ソーラーフロンティアではフラットタイプというタイプがあり、
こちらでは

サニックスで有れば、めいいっぱい載せると 6kw前後いきますので、
やはり、若干少なめになります。

しかし、5kwいっていれば十分な気もします。
それに何より、全体額にせよkw単価にせよ
サニックスよりソーラーフロンティアの方が安いんです!!!


そして、保証についても、機器の10年保証は、まあ、国内メーカーは横並びで一緒ですが・・・
国内メーカー初、モジュール20年保証となっており、
20年間は定格の80%を保証してくれます!!!


最後に、(説明は最初に受けましたが・・・)
OSBの件ですが、どのように良いのか内部資料を見せていただきました。
傾斜屋根の設置可否に関する判断資料で、

OSB → 設置可(垂木止めが可能なこと)

となっており、ここの部分も間違いありません。



ホントにいい商品に出会えました!
早く、嫁さんに報告したくてウズウズです。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
ソーラー発電への道 その13
2011 / 11 / 01 ( Tue )
12日目/10月15日(土)

本日は午前中に、地元の建材屋さんC社さんからの提案&見積もり提示です。

残念ながら、嫁さんは仕事の為、子守をしつつ一人で話をお聴きし、後ほど嫁さんに報告です。

わくわくしながら部屋の掃除をしてると、電気施工会社のF社さんから携帯に電話。
急な話ですが本日午後に下見がてら、サニックス案をご説明に・・・と。

なんとなく、本日がソーラー選びの山場な感じです。


C社の営業さんが予定通り来訪、早速ご提案をうかがいます。

やはり、C社さん取扱いの三菱・パナ・長州 OSBと言う事で × (施工不可)

残った1社がOSBでもOKでした!
ただ・・・良い製品なのですが、知名度が無く・・・

と言う事で紹介されたのは、
昭和シェル石油グループの
「ソーラーフロンティア」

たしかに、まったくノーマーク・・・・
前回の下見のときに営業さんから、取り扱ってるメーカーと言う事で
「最近、井川遥がCMをやってるんですが・・・」と紹介されて、
見たことあるかな?ぐらいでした。

ざっと説明をまとめると

昭和シェル石油の100%子会社の昭和シェルソーラーとして2006年に設立だが、
太陽電池の研究は1978年にスタート。

少し前のワールドビジネスサテライトにて、
今年操業を開始した第3工場が取り上げられ、
世界最大級の生産能力と、独自の技術により
「ソーラー業界に風穴を開ける・・・」と紹介された。

スペインや中東でのメガソーラーでの実績など、
主に海外で実績を伸ばしているが、国内でも新潟のメガソーラー事業など、
産業用のシステムを中心に行っている。

扱っている太陽光パネルは、他社のシリコン系とは全く別物の
薄膜系「CIS」パネルといい、シリコン系に比べ様々な点で勝っている。

CISとは、主な3つの成分である銅、インジウム、セレンの頭文字。

シリコンを使っておらず、必要な厚みはシリコン系の1/100で
製造にかかる材料とエネルギーが非常に少なく、コスト的にもシリコン系よりも安い。

シリコン系のパネルが青色なのに対して、CISはまっ黒。
青色に見えるというのは青色を反射しているということで、吸収して無い。
一方、CISの黒というのは全ての光を吸収しているためである。

また、この全ての光を吸収という点で、
シリコン系よりも幅広い波長の光を吸収するので、
天気の良い日だけでなく、曇りの日や朝・夕方もCISは発電する。

モジュールのセルのつなぎ方が根本的に違う為、
影が出来てもシリコン系のように発電がとまる事が無い。
(手帳サイズのサンプルをお持ちいただき、懐中電灯でパネル面に光を当てると、
つながれたLEDが点灯するのですが、実際に手で半分おおっても発電した。)

これらの事があいまって、実発電量においては、シリコン系より8%ほど多く発電し、
また、年間を通しての変動幅が小さいとの特徴があります。

CISにおいては、実際に光を当てる事によって、組織内の配列がなじみ出力があがるという特性があり、
出荷時よりも、使用しだしてからの方が出力が上がるそうです。(光照射効果)
カタログ記載では、定格に対して10%近く上がったデータもあるとの事。


耐久性においても、結晶シリコンのかなり上を行っており、
人工衛星に積載された太陽電池の実験では、
「宇宙用結晶シリコン」よりはるかに優れた耐久結果が出ております。



という説明・・・

良い事ばっかりじゃないですか!!!





太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。