-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
LAN親機入れ替えによるフロンティアモニターの再設定
2012 / 10 / 13 ( Sat )
ソーラーフロンティアのインターネット経由で発電量を管理する、
「フロンティアモニターホームサーバー(以下フロンティアモニター)」を使用してますが、
この度、LANの親機(ルーター?今回の場合はホームゲートウェイ)を入れ替えする事になり、
再設定が必要となりました。

LANなどについて、あまり詳しくないために
色々と、悩みましたので、他の方の参考になればと書いておきます。


状況としては、「フロンティアモニター」が有線にて無線LAN親機に接続されており、
この設定は取り付け業者さんのほうで行っていただきました。

手元にある資料としては
「フロンティアモニターホームサーバー 取扱説明書(お客様向け)」
という23ページのものが一冊です。

今回、先に書いたように無線LAN親機を入れ替える事になりましたので、
「フロンティアモニター」と「無線LAN親機」の間の設定を変えないと、
「無線LAN親機」が「フロンティアモニター」を認識できなくなり、
結果としてインターネットに繋がらず、
データをソーラーフロンティアのデータセンターに送れないと言う事になります。

まず、取扱説明書を一通り読むと、
作業の流れとしては、

① 「フロンティアモニター」端末のIPアドレスを調べる。
② 設定用PCのIPアドレスを①の端末のIPアドレスと同じセグメント(グループ?)に変更する。
③ ルーター(LAN親機)経由で「フロンティアモニター」端末と設定用PCを接続する。
④ 「フロンティアモニター」端末の設定ユーティリティーを起動する。
⑤ 設定ユーティリティーで端末のIPアドレスをLAN親機と同じセグメントのものに変更する。

と言う事で、無事に「フロンティアモニター」端末が
ソーラーフロンティアのデータセンターとインターネットで繋がる事になります。

念のために、ソーラーフロンティアのお問い合わせ窓口にメールにて質問したところ、
担当部署の方より

「もし現在の有線接続の設定のIPアドレスが
 「IPアドレスを自動取得する(DHCP)」を選択しているようであれば、
取扱説明書(お客様向け)P.14のように固定IPアドレスにせずとも、
交換したルーターのLANポートにLANケーブルを差し替えて頂くだけで接続可能です。
※自動取得機能よりLANケーブルを差し替えるだけで自動的にIPが割り振られます。

固定IPでしたらルーターごとに「192.168.**.1(~255)」のIPアドレスが変わ
りますので、
取説内の一連の作業が必要になると思います。」


というお返事を頂きました。

一番楽チンなパターンとしては、
「自動取得」に設定されてる事ですが、
結果は・・・・?!

関連記事

太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
<<LAN親機入れ替えによるフロンティアモニターの再設定 その2 | ホーム | 10月13日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://asakaraame.blog104.fc2.com/tb.php/362-2bb1745f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。